有限会社アトミックハート

炭素循環農法とは・・

昨日はとある場所まで有機野菜を作れる農地の視察に同行してまいりました。

僕はまだまだ野菜のことがよく分からず、みなさんから色々な話を聞いて勉強中ですが、ほんとに聞けば聞くほど奥が深いので楽しいです。

DSC00795

DSC00801

みんな、ここをどういうプランで農地にしていくのか話し合いをしています・・

DSC00788

この方が代表の八尋さんです! なんか任侠映画のポスターみたいでカッコイイですね!(笑)

八尋さんが中心となって、みなさんが一生懸命広めていこうとしている農法が「炭素循環農法」と言います。 ちょっと詳しく説明すると・・

●炭素循環農法とは・・

約10年前に現在ブラジル在住の林幸美さんという方が提唱された農法です。

これから先、まだまだ増えるであろう人口増加がおきても、人類全体が自然破壊をせず平和に暮らしていくための技術です。

炭素素材を基にして、畑の微生物を増やすことで微生物自体に植物を育ててもらう農法です。

微生物と植物との共生関係を整えることが出来たとき、植物は微生物を介してあらゆる要素を必要なときに供給されることになります。 この結果、肥料に関わりなく植物は健全に偏りなく育つことになり、病害虫に左右されることなく野菜が本来持っているポテンシャルを引き出すことができ、それを多く収穫することによって品質向上し、無肥料無農薬での野菜作りが可能になります。

 

要は体に安全、安心な野菜作りが出来るということですが、なにせ手間と時間がかかるので普通は農家のみなさんはあまり手を出したくないというところが多いのと、僕たち消費者からすると、けっこう野菜の中に虫がいたり、形が不揃いだったりするので有機野菜に理解がないとまだまだちょっと使いづらいかなと思います。

でもやっぱり僕は食べ物を扱う商売をしているものとして、より安全で安心な食材を提供したいし、まだまだ僕たちが知らないけどおいしくて良い食材が埋もれていると思うんです。

八尋さんたちは日々、安全で安心な野菜をもっとどうしたら広めることができるか、そしてその野菜を日々一生懸命作っている農家のみなさんをどうしたら潤わすことができるか、いつも話しているとそんな話を聞かせてくれます。

僕はもちろん野菜のことはど素人ですが、飲食業としてこの有機野菜に携わって行きたいし、農業を外野からみて色々なプランやアイデアを提案して形にしていければいいなと思っています!

そして一日でも早く、みなさんに安全で安心な食材を届けられればいいなと思っています。

DSC00791